新着情報

速報:連携企業と省エネ・リニューアル工事対応の研究開発に採択される

 
公益財団法人京都産業21が主催する「平成24年度 連携型イノベーション研究開発事業」に採択が決まりました。
本事業では、我が国の緊急の課題である節電と電力負荷平準化を目指し蟷姐原調様とエーエフ工業衢佑覆蕕咾忙梓逎乾爿衢の協力を得ることで、企業連携による研究開発を実施します。
研究開発の内容は、現在、消費されるエネルギーの43%に達している空調、その約半分近くを使うのが外気の処理という実態を改善させたい、そのために、手始めとして特にエネルギー消費が激しい調理換気から失われている空調ロスを半減させる省エネ・リニューアル工事を研究開発します。
研究開発の実施項目は、既存調理排気フードと置換えが容易な「新型エレノーズ」の開発と大臣認定の範囲を拡大した再取得、専門家の実証実験による短期(6年以下)投資回収と省エネ性能及び室内環境変化の確認、油除去性能が高く静圧損失が少ない多孔質グリスフィルターの開発等を行なう予定です。

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
ページトップに戻る