導入実績

「餃子の王将」膳所店 オープン1年間の省エネ実績評価

 
 オープン後1年間消費エネルギー
比較分析・省エネ性能評価
計測期間:2010年6月〜2011年5月
比較対象店舗:同系列、同規模の「餃子の王将」国道近江八幡店
(データ取得協力:施主(八谷蝓法関西電力)

◇省エネ実績-1
年間消費エネルギー58%(389,834kwh)削減。
◇省エネ実績-2
ピーク消費エネルギー61%カット
◇省エネ実績-3
ベース消費エネルギー54%カット
◇省エネ実績-4
年間負荷変動幅削減率74%
2011073113594810943.jpg


◇CO2排出削減量
年間45%(77.4ton)削減。
◇運用コスト削減額
年間56%(408万円)削減

★数値には、オール電化による割引料金メニュー、厨房電化とエコキュート等による省エネ効果も含まれるが、電力関係者の分析評価として、「エレノーズ」採用によるウインドナビシステムの効果が70%以上に達している。
★また、蓄熱を殆んど使用していないシステムで、これ程大きな電力負荷の平準化効果が得られたことは、電力事業者の間でも大きな驚きであったとの評価であった。
2011073113594810943_1.jpg 

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています

近日発売予定!「認定エレノーズ」とその採用効果

 
建築と設備に係わる実務家の皆さま
后瓧横隠烹僂痢崘定エレノーズ」は近日発売です! 
これまで法定換気量がネックでダクトサイズを縮小出来なかった。そのせいで階高を抑ることが出来なかった、また、天井高を下なければならなかったご経験をお持ちの建築家の方々に朗報です。

そして、施工者の方々にとっても、換気量の削減は送風機とダクトサイズの縮小になり、外気負荷の減少は空調機の縮小になります。そして、施工性の向上とコストダウン同時に図れることになります。

現在、国内初で国土交通大臣認定を取得した「エレノーズ」の認定機種の発売を準備中です。暫くお待ち下さい。

2010111316395010423.jpg


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています

国内初!「エレノーズ」がV=21KQ国土交通大臣認定を取得

 
弊社調理排気フード「エレノーズ」が
国内初の国土交通大臣認定を取得
 
(財)建材試験センターにおいて、本年7月性能評価を受けました弊社排気商品「エレノーズ」について、予てより、同センターに大臣認定の取得申請をお願いしておりましたところ、本年10月29日付けにて「エレノーズAS型」建築基準法施行令第20条の3第2項第1号ロ「火気使用室の換気設備」の規定に基づき、国土交通大臣からV=21KQの認定(番号:VEC=0001)を頂きました
これまで、ガス厨房で使用したくとも出来なかった従来況診啜ぅ奸璽鼻複屐20KQ)に代わる新商品として、近日中にご利用頂けることが可能になります。

右に認定書を添付します。
201011131643491248.jpg

  

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています

速報:公設試験機関でV=21KQの性能評価が出た!

 
性能評価速報
「平成21年度ものづくり中小企業製品開発 実証試験支援事業」の実証試験と性能評価が完了、結果はV=21KQの性能評価

表題の支援事業により、弊社商品「エレノーズ」について建築基準法施行令第20条の3第2項第1号ロ「火気使用室の換気設備」の規定に基づく実証試験と性能評価を財団法人建材試験センターで実施して頂きましたところ必要換気量V=21KQの性能評価を頂きました。
右添付資料が性能評価書の抜粋です。
これを基に「V=21KQの解禁」に向けて認定の取得を目指します。そして調理排気の常時100%運転がもたらす不必要な空調ロスを少しでも減らして地球温暖化防止に貢献したいと願っております。
また、調理換気計画は法基準のCO2捕捉率だけで決定するものではありません。そこで少しでも多くの方に「ウインドナビシステム」の省エネ空調換気計画の方法ならびに「エレノーズ」をご採用頂きたく、今後は学会誌やHP上などで油煙、水蒸気、臭気等を含めたトータルの考え方と計画方法を順次発表する予定でおります。
「ウインドナビシステム」はこれまで50年以上に亘り殆んど進歩が無かった調理室の空調換気設備を改善することを目的とした誕生間もない技術です。今後は、ご賛同頂ける専門家の皆様に揉まれることでさらなる進化をして厨房環境の改善と省エネ、省コスト、ならびに地球温暖化防止に期待するものです。
 2010073111065716415.jpg

2010073111065716415_1.jpg
  

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています

同一ビル内、同一業態で違いが確認されました

 
同一ビル内の同一業態の店舗で
ウインドナビの省エネ性能が
確認されました

しかもウインドナビ導入店は空調負荷が多い最上階で従来店は空調負荷が少ない中間階であるにも係わらず最上階の年間消費電力量が16,428kwh/年少なくなりました。これはCO2発生量に換算して約6ton-CO2/年減らしたことになります。
その結果、運用エネルギーコストもB店の方が安くなっています。
同じ中間階の条件であれば削減量が倍近くなったものと推測します。
 2010073111065716415_2.jpg
  

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています

ラーメン「魁力屋」省エネ実績

 
 チェーン店 ラーメン「魁力屋」
ガス式厨房

全く同じレアウトと規模の標準店舗
八尾店(ウインドナビ導入)
と鶴見店(従来方式)
室内温度雰囲気の比較
 

サーモグラフィーの計測映像
比較で冷房時雰囲気温度が厨房、客席共に10℃程度改善
 2010062515532410765_2.jpg
 
チェーン店 ラーメン「魁力屋」
ガス式厨房

全く同じレアウトと規模の標準店舗
八尾店(ウインドナビ導入)
と鶴見店(従来方式)
室内温度雰囲気の比較
 

計画当初から空調容量を
鶴見店21馬力、八尾店16馬力としている
1年間の電量データ結果は
消費電力30%/年と運用コスト26%/年の削減
CO212.7t-CO2/年の削減を確認。
 2010062515532410765_3.jpg

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています

特別養護老人ホーム「和順の里」と「つきかげ苑」の省エネ実績

 
 
オール電化
特別養護老人ホーム「和順の里」

デマンド電力
35%削減(実測値:46.2w/屐
ピーク空調同時稼働率
36
(推定空調運転電力
79kw/設置機器電力220kw
 2010062515544710827_1.jpg
 
オール電化
特別養護老人ホーム「つきかげ苑」

デマンド電力
30%削減(実測値:49.7w/屐
ピーク空調同時稼働率
40
(推定空調運転電力
48kw/設置機器電力121kw
 2010062515532410765_1.jpg

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
ページトップに戻る